人間関係が悪い原因

看護師の職場では人間関係が悪いんじゃないかと言われています。
それは、看護師は仕事量がとても多く残業や夜勤があるためみんながストレスを溜め込んでいるので、雰囲気が暗いということではないでしょうか。看護師だけではなくどの職場でもそうですが仕事においての悩みで多いのが人間関係です。女性が集まる職場は仲良しグループができたり、孤立する人がいたりと全体を結束させるのは至難の業。
看護師の仕事に対して満足していても、人間関係が悪いとストレスが溜まってしまい、どこかで負担をかけることにつながってきます。人間関係が悪いと仕事の効率が悪く他との連携も取れずいずれはその職場に居ずらい雰囲気になり、辞めていく看護師がいるのも事実のようです。
人間関係の悪化の原因に先輩看護師や婦長や主任など役職者が含まれ、医師の考え方について行けないという言葉も耳にしたことがあります。
同僚との人間関係が崩れるということは、相談できる身近な相手を失うことを意味し、精神状態が崩れます。精神状態が崩れたら看護師を続けるのは難しいかもしれません。

看護師としての使命があるのだから、合わない人達について悩まず、スキルを発揮できるところを探して自分の居場所をみつけてほしいです。そして新しい環境でスキルアップするのも良いのではないでしょうか。とはいえ、看護師が転職する理由には職場環境の問題が多いようですが、めげずに頑張って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です